ログイン 会員登録
ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB
スマートピットロゴ

   
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

カテゴリー

 
 
 
 
 
 
 
 

◎浴場資材選定のヒント◎
 
 
 

ヘアドライヤー

 

温浴施設のパウダールームにはヘアドライヤーが必須です。
 

ワット数の小さなものは髪を乾燥させるのに時間がかかりますので、
特に女性の場合には回転率が悪くなり、ドライヤーの数との兼ね合いによっては、
顧客不満足を生むことになります。従ってワット数の大きなものを選ぶのが良いです。

 

ヘアドライヤーに故障はつきものです。家電店で安い家庭用製品を購入し、
壊れたら新品に交換するという方法もあるでしょうし、業務用のヘアドライヤーを利用する手段もあります。

とはいえ、業務用のヘアドライヤーが壊れにくいかと言えば、必ずしもそうとは言えません。


弊社でも幾つかの業務用ヘアドライヤーを販売しましたが、販売していれば故障の問い合わせも入ってきますので、
故障頻度との兼ね合いで最終的にテスコム(TESCOM)製品のみの販売とすることに致しました。


乱暴に扱われなければ、極めて故障の少ない製品です。


 



 

業務用風呂椅子/風呂桶/手桶


【業務用風呂椅子/風呂桶/手桶は、木製か?樹脂製か?】
 
樹脂性であれば製品ラインナップが豊富で、
業務用にふさわしい耐久性があるシンカテック社の製品がお薦めです。

 商品一覧はシンカテック製品一覧をご確認下さい。  

 
 ▶温泉施設を経営している方ならば、
風呂椅子や風呂桶を伝統的な木製にしたいと考えた方も多いと思います。

特にナチュラルイメージや和風イメージの建築であれば、木製の方がしっくりくると思います。
 
しかしながら、木製は購入価格も高く、メンテナンスも大変という認識でいらっしゃると思います。
確かに購入価格は樹脂製に比べて高価になりますが、メンテナンスが楽な加工製品があります。
それは木製の製品にGFC(グラスファイバーコーティング)加工を施したものです。
 

GFC加工とは?
 

GFC加工とはウレタン塗料での表面コーティングと違い、
木の内部に溶液を含浸させ内部にガラス質のポリマーを形成させ、耐水性・撥水性を高めた加工です。

 

一般の塗料は木材表面を塗装することを目的としていますが、グラスファイバーコーティング剤は塗膜ではなく、
木材と科学的に吸着したコーティング剤です。

 

このコーティング剤は、ケイ素を主体にした無機鉱物を原料にしているため、
ホルムアルデヒド等の有害化学物質を含まない、安心・安全な製品で、木材の通気性を確保し、
木材の持つ本来の香りや風合いをそのまま持続します。

他社自然系塗料と比べ、温泉水に対しても、撥水性および耐水性を発揮するコーティング剤であり汚れがつき難く、
木材表面を保護する効果があります。効果が落ちてきたら、再加工も施せます。



【GFC加工状態で2年使用。腐りやカビはありませんが、長期使用による木材の破損が増えて来ますので交換時期となります。】
 
 

業務用風呂椅子の適切な高さは?

洗面器を置く台やカランの高さを考慮して椅子の高さを選定する必要があります。
椅子が高すぎると前かがみの姿勢となり、辛い姿勢となりますし、
低すぎるといちいち腰を浮かせなくてはなりません。

また、低すぎる場合には、特に高齢者とっては立ち上がる時の脚への負担が重くなる可能性もあります。
一般的には面台(洗い場の途中でせり出している台)の高さに合わせるようにします。
 

炭酸シャワー


 
業務用課金型炭酸シャワー「しゅわしゅわシャワー」とは?

アクトパスが企画・販売を行っている、
浴室内課金を可能とする画期的な商品です。

従来浴室内のでの課金は電源や防水の面で非常に難しかったのですが、
創意工夫によりそれらの問題をクリア致しました。

近年注目を集める炭酸泉には、血行促進効果以外にもフェイスケアやヘアケアにも効果があり、
美容室やエステなどでも人気のメニューにもなっておりますが、
スーパー銭湯等のお風呂屋さんに多く普及している炭酸泉の浴槽には、顔や髪をつけることができません。

これまでにも炭酸泉入浴の際に髪やお顔を炭酸泉につけたいという要望がお客様の声として上がっておりました。
また、美容室やエステの炭酸ヘッドスパや炭酸フェイシャルケアは何千円もする贅沢メニューです。
そこで、お風呂屋さんの上がり湯シャワーを炭酸水にして、
手軽に利用できるようにした炭酸シャワー「しゅわしゅわシャワー」を開発致しました。

 

炭酸シャワー「しゅわしゅわシャワー」を直接浴びる事により、
清潔感や塩素の弊害を気にすることもなく炭酸水をひとり占めでき、
フェイスケア、ヘアケア、頭皮ケアなどが行えるようになります。

また、「しゅわしゅわシャワー」では、硬貨・専用コインやバーコード決済により
従来は困難であった施設内浴室での課金を可能にしたことにより、
施設では入館料に含まれたサービスとしての提供ではなく、オプションの収益を得る事が可能となります。

炭酸ガスを効率的に溶かしこむ機構によりランニングコストが抑えられているにもかかわらず、
炭酸シャワーの炭酸濃度はしっかり1000ppmを維持しますので、
効果がわかやすく高いリピート率が期待できます。

設置は比較的簡単で、既存のシャワーブースを大きく変更する事なく、導入可能となっています。

5分300円の課金設定で、1日の利用人数を20人とした場合、コイン式ですと約8か月で初期投資が回収できます。
美容室では10分1,000円〜でサービスを行っています。カット代金にも開きのある業界ですから、
価格は店舗によってまちまちです。

実際の設置イメージは下図のようになります。(現在は縦が半分のサイズの製品がリリースされています)

 
 
 

業務用入浴剤

 
【バリエーション無限大! 業務用入浴剤】
 

 
浴槽が温泉でなく、井戸水や水道水である場合に、
業務用入浴剤を用いて同系列の浴槽毎に特長を出すことも可能です。

変わり風呂と呼べる入浴剤というイメージのものから、
本格的な温泉をイメージさセる人工温泉の製品があります。

入浴剤の管理を行う人工温泉装置を導入して、濃度管理を行わせると手間いらずで
安定的な運用が可能となりますが、それなりの導入コストはかかります。

やや手間はかかりますが、人間が入浴剤を投入して運用することも可能です。
小さな温泉施設や介護施設などでは、人間が入浴剤を投入するケースもあります。
いつも同じものではなく、イベントなどに同期して内容を変更すると、お客様に喜ばれます。

◎業務用入浴剤の一覧はこちら♪

 
有名温泉を再現したり、薬草やハーブ、生薬を使った薬湯
女性に人気のコラーゲンやヒアルロン酸配合した美容湯

緑茶やレモンティー、赤ワインなどドリンクの香りや
パインや桃様々なフルーツなど色とりどりご用意しております。


季節限定や期間限定で様々な入浴剤が販売されています
ぜひ一度お試しください。


【入浴剤と次亜塩素酸ナトリウムの関係】

次亜塩素酸ナトリウムは入浴剤の色を漂白します。
言い換えると入浴剤は塩素を消費します。

色の維持と塩素濃度の維持のいたちごっこになるのは宿命なのです。

業務用の入浴剤は塩素によって色が消費されることを前提として、
元々の色がかなり濃い目に設定されています。

 
 
 

サウナタイマー


サウナタイマーって性能が違うの??

サウナタイマーのメーカーは実は日本に数社しかありません。
 
ですからご覧になったサウナタイマーは、それらのメーカーのOEM製品である可能性が高いです。
製造元は結局は数社にたどり着きます。

サウナタイマーを選定するにあたり、直径や盤面のデザインで判断されることが多いと思いますが
盤面にはそれほど大きな違いがないことにお気づきかと思います。
高温環境で利用する印刷の制約で、使える色が黒と緑くらいと少ないのです。

ですから、結局のところ盤面のデザインの好みと大きさで選んで頂いて構いません。

色んな種類のサウナタイマーを取り扱っている浴場市場で是非お求めください!

 
 
 
 
 

サウナマット

 
【業務用サウナマットはどれがいい?】

 フィットネスクラブなどではドライサウナにマットを敷かない施設もありますが、
何も敷かない状態ではお尻や足の裏が熱くて利用するのが困難です。

手持ちのタオルをお尻の下に敷いたとしても、足の裏の熱さから逃れることはできません。

また、マットが敷いてあったとしてもベチョベチョに濡れていては、
非常に気持ちが悪いですし、稼働率が低いドライサウナでは濡れたマットの水分が高温になっており、
座ったとたんに飛び上がることもあります。

ですから、サウナマットを敷いており、マットがいつでも清潔でなるべく乾いた状態の方がお客様は喜びます。

また、サウナマットを敷いておけばベンチ板(木材)が濡れている状態が少なくなり、
ベンチ板交換のサイクルが短くなるという施設側のメリットがありますし、
サウナ室にこぼれた汗のニオイがつきにくくなります。

具体的な数値で示すことはできませんが、温浴施設で考えると、
『サウナ好きの客を集客、あるいはサウナ好きのお客様』を育てている施設は
比較的繁盛店であるように思います。

サウナが汗をかきやすい環境にあり、「サウナ ⇒ 水風呂 ⇒ 外気浴」の流れが
お客様に浸透している施設は、ほぼサウナが激混み状態です。



 


業務用サウナマットの種類】

▶詳しくは各商品ページをご覧ください

 

もっとも一般的なのは
タオル地タイプのマットです


製品単価はもっとも安価で、洗濯しやすく扱いやすいのがメリットですが
タオル地ですので一度濡れてしまうとなかなか乾かないので交換回数が多くなります。


肌に触れた感触が良いものや、乾燥性の高いもの、抗菌防臭性のあるものなど
1人用サイズのマットなど、様々なサウナマットが改良されています。

【業務用サウナマットの洗濯費用】

自社で洗濯している場合、リネン業者さんに洗濯を委託している場合のいずれであっても、
サウナマットの洗濯費用はかかってきます。

洗濯費用 = @洗濯単価 × 洗濯枚数

しかし、頻繁にサウナマットを交換すれば、洗濯枚数が増えてしまい洗濯費用がかさみます。

【業務用サウナマットの洗濯費用の抑え方】

洗濯費用 = @洗濯単価 × 洗濯枚数

洗濯費用を抑えたければ、洗濯単価か洗濯枚数を抑えるしかありません。

すでに枚数を抑えている結果として、マットがビチョビチョになってしまっているのであれば、
業者との交渉で単価をさげることは容易ではないので、
1人用マットを併用してみるとか、吸水性や速乾性のあるマットを使ってみることで
コスト削減になるかもしれません。

近年のサウナ利用者の増加やロウリュによる個人毎の発汗量の増加によって総発汗量が増加し、
高機能マットでもかつての交換回数では追いつかなくなってきています。
よって現状では高機能マットを利用していても普及当時よりも交換回数を増やさざるを得ない状況にあり、
当時の比較に比べるとコストメリットが出ない状況にあります。

総発汗量が増え時代が変わったのだから仕方がないのですが、
高機能マットを買い増して交換回数を増やすのではなく、
高機能マットとの併用型として再び1人用マットが脚光を浴びるようになりました。

 


 

ロウリュ関連用品

 

【ロウリュとは】
 
ロウリュ【Loeyly】とは、サウナの発祥の地、サウナの本場フィンランドの言葉です。

サウナストーブにある石(サウナストーン)に水をかけ、
そこから立ち上る蒸気を浴びる蒸気浴のことをロウリュと言い、
ロウリュには森の魂が宿っていると考えられています。

フィンランドではまだ電気ストーブがない時代からサウナ室の中で火を使って石を焼き、
その石に水をかけて蒸気浴を楽しんでいました。
日本人が風呂好きであるのと同じように、寒いフィンランドの人たちは昔から大のサウナ好きで、
各家庭に小さなサウナを持ち、ロウリュを楽しんでいます。

サウナ室の中でお酒を飲み交わしたり、昔は女性がサウナの中で出産し、
老人はサウナの中で死を迎えるというくらい、
サウナが人生に密着したものとなっていました。

日本で現在普及しているサウナは、高温ドライサウナと呼ばれるタイプで、
100℃前後の温度設定で、湿度がほとんどない、つまり水がない状態です。
100℃ですから、大変熱く、しっかり汗をかくことができますが、
例えば鼻から息を吸うと鼻の穴が火傷しそうに熱かったり、
女性の場合はお肌や髪の毛を痛めてしまうのではないかと心配になるくらい、
過酷な環境の中で我慢して入るものとなっており、
それでもサウナ大好きという方もいらっしゃいますが、
一方でサウナが苦手と考えている人も少なくありません。

本来サウナとは、そこまで温度を上げなくてもしっかり発汗し、身体を温めることができるものであり、
フィンランド式のサウナの考え方をとり入れている施設もあります。
フィンランド式のロウリュは、水蒸気を浴びて、
目を閉じながらじっくりと静かにロウリュを楽しむ方式となっています。
サウナ室の体感温度は温度×湿度×気流で変わりますので、
摂氏80度くらいの中温でも湿度が高まると充分に熱く感じ、汗をかくことができます。

一方、タオルで仰ぐのはドイツ式で、『アウフグース』と言います。
ドイツには日本以上に商業施設としてのサウナが普及しており、
イベント的にロウリュを楽しむ習慣があります。

ロウリュ用の桶・柄杓を用いて、水にロウリュ用芳香液(ロウリュ芳香液、サウナ用芳香液などとも呼びます)を
加えたアロマ水をサウナストーンにかけて、
さらに癒しの効果を高める工夫をすることができます。

【熱波の送り方】



一般的には、ロウリュで用いる蒸気を拡販したり、熱風を送るためにタオルを用いて、
縦旋回・横旋回などの技術を用います。
タオルを利用するのはパフォーマンスの上で、とても迫力があるのですが、
特に女性にとっては重労働であることも事実です。

そこで、最近では大きなうちわを用いる施設も増えてきています。
タオルは破損しにくいですが、うちわはどうしても壊れてしまうため、消耗品の扱いとなります。
逆にロウリュ専用の耐久性の高いうちわも販売されるようになりました。

【ロウリュ関連用品のご紹介】
商品はこちら▶▶ 浴用市場

▼ロウリュ用桶、杓

サウナ内で使いやすいデザインで、ロウリュ・熱波を演出します。
 


▼大うちわ

ドイツの施設でもタオルで熱波をお客様に送っていましたが、タオルで熱波を起こすのはそれなりのテクニックが必要です。

うちわなら素人スタッフでも熱波を起こすことができます。しかし、タオルの豪快さには敵いません。
 

▼ロウリュ用アロマ

浴場市場にて販売しているアロマオイルは、香りを楽しむ為だけに作られているアロマオイルとは異なり、
希釈して肌に直接塗る事ができるアロマセラピー(芳香療法)に使用されている、
原産国や抽出方法にこだわったクオリティーの高いエッセンシャルオイル(精油)だけを使用しておりますので、
さまざまな場面において精油の持つ効力を期待して頂けます。

エッセンシャルオイルは、コーヒー・ワインなどのように植物を原材料とするものですから、
原材料の産地・生育条件・収穫方法、加工における輸送方法・加工場所・蒸留技術などが大きく品質に影響します。
エッセンシャルオイルの見た目や文章で品質の違いを見極めることは困難ですが、
流通しているエッセンシャルオイルに大きな品質の差がある事は明らかです。
当社で販売しているオリジナルブレンドを拡散後の空気中浮遊殺菌の分析結果では、
96.2%もの細菌の減少が認められました。(日本食品分析センター調べ)

ロウリュにおいてこの100%天然エッセンシャルオイルを利用することで、以下のような効果が期待できます。

◎強い発汗効果
◎芳香浴による風邪やウィルスなどの空気感染の予防
◎リラクゼーション効果
◎幸福感や気分の高揚、集中力や記憶力を高める効果
◎抗菌・除菌効果によるドライサウナの汗のニオイなどの消臭効果 

 

休憩処/岩盤浴用枕

 
【業務用枕のタイプ別比較】


枕の必要性についてこの場では説明致しません。

施設に設置する場合は、不特定多数の人が利用することを踏まえて、強度と衛生面を主体に考えるべきです。
 

●籐枕

適度な弾力があり、比較的人気がある商品ですが、稀に女性の髪の毛が絡まってしまうことがあります。形状的に丹念な清掃は困難です。

天然籐で塗装を施している場合、使用とともに塗装が剥がれてきます。

●木枕

「木枕は硬いから」と敬遠される方もいらっしゃいますが、実際岩盤浴・休憩処用の枕として利用する分には苦痛にならないと思います。

枕の寝心地が良すぎて、特に岩盤浴で深い眠りついてしまうと、身体的な別の問題が発生してきますので岩盤浴に木枕は適しています。

シンプルな形状ですので、汗などに対しての清掃も簡単ですし、髪の毛が絡まるなどの問題も起きません。

GFC(グラスファイバーコーティング)を施した耐水性の高い商品もあります。

●竹枕

籐枕と同様に適度な弾力がありますが、稀に女性の髪の毛が絡まってしまうことがあります。形状的に丹念な清掃は困難です。

岩盤浴のような高温の場所で利用しますと、竹の香りが出てくることがあり、
好まれないケースもあります。
休憩処で利用するのが無難です。

竹枕は適度に冷たくて清涼感を感じます。
竹枕は入手が困難です。


【設置場所】

  • 休憩処
  • 岩盤浴

枕の商品一覧はコチラ ▶▶ 浴場市場


▽オススメ籐枕
 

▼人工籐

岩盤浴、休憩処(ゴロ寝)向けの枕です。

天然籐の枕は塗装が剥がれる問題がありますので、人工籐製品をご紹介しております。
 

▼籐

人工ではない自然の籐の枕です。

塗装が剥がれる可能性がございます。

ページトップへ